ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん





2006年01月29日

入院126日目 カミングアウトが逆効果?

入院126日目

今日は寒い。
6:00頃外に出たけど、凄い冷えている。長居出来ない。


明日から第6クールが始まるので、今日の朝食からバクタ中止、かわりにダイアモックス処方。
深夜のSさんからそのように聞いて、内服薬を確認したところ、1包の朝食の袋の中にバクタが入っていない。よくよく考えてみると、1包の中に4錠入っていたはずだ。今は3錠しかない。って事は、前回の治療後からバクタ飲んでいないのかな・・・
主治医の先生、処方を忘れてる?私も気付かなかったけど・・・


Sさんが物凄く気を使ってくれているような気がする。もしこれが事情も知らずにしてくれているんなら、この娘はいい看護士になると思うと確信。
Tさんも気にしてくれている。
Oさんは事情を知らないはずだけど、よく声をかけてくれる。
Nさんとも会話があったし・・・
昨夜から今朝にかけての対応に不満があるわけじゃないけど、何か沈んでいっているような気がする。何故だろう・・・
今日は日勤はプライマリーナースのNさん、準夜がMさん。
このメンバーなら大丈夫だよね。
Nさんも朝初めて会った時に笑顔で手を振ってくれた。

Sさんは事情を知らなそうだ。自然にあの対応をしているみたい。やっぱり良い看護士さんになる。間違いない。


やっぱり、病室に居たくないモードに入っているようだ。
病室に戻り話かれられれば、それなりに話をすることは出来るんだけど・・・
まだ、顔には出ていないのか。
心のケアが出来る担当が続いているのに・・・
やばいぞ・・・

・・・続きを読む
タグ:病院食
posted by しばやん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5クール〜
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。