ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 胃 ;>胃がん

2014年02月28日

胃がん

昨日退院してきました。


■病名
 胃癌

■診療内容
 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ郭清

 胃を2/3切除予定(実際には半分程度残ったらしい)

■オペ後のダメージ
 自分の体重を支えきれずお尻が筋肉破壊(笑)
 オペ後数日間は上を向いて寝れませんでした。

 両腕も同様に筋肉破壊状態
 (オペ中ずっとバンザイ状態だったらしい)


■病理結果
 診断:胃癌
 大きさ:1.8cm×1.1cm
 組織型:印環細胞癌(※)

 深達度:pT1(sm2)・・・粘膜下層まで
 リンパ節転移:N (0/45)
  リンパ管侵襲:ly0(なし)
  静脈侵襲:v0(なし)
 遠隔転移:M0・・・なし
 進行度:Stage IA



※印環細胞癌
オペ前に『内科で内視鏡』か『外科で胃切除』かの選択を迫られました。
分化型&未分化型混在パターンっぽいから、現在の医学だと内視鏡で行けますとは言えませんとのことだった。
悩んだ結果『外科で胃切除』を選択。
印環細胞癌の病理結果から今回の選択は正解だったらしい。
タグ:


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390070184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。