ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 通院 ;>皮膚科にも受診

2007年01月10日

皮膚科にも受診

定例の通院日です。


今日は最近気になっていた右手のイボを診てもらうため、皮膚科も受診します。
その前に、いつもの血液検査結果は・・・


検査名称
結果値
参考値

白血球 6260
3000-9000

赤血球 618H
400-540
常に多めです
ヘモグロビン量 17.6H
13.0-17.0

ヘマトクリット値 55.1H
38.9-50.2

血小板数
11.6L
14.5-35.0
常に少なめです
MCH 28.5L
29.0-36.0





GOT(AST)
22
13-30

GPT(ALT)
35
10-40

LDH
154
110-210

γ-GTP
32
5-60





T-CHO
-
130-220

TG
-
40-150

HDL-CHO
-
40-100
※HDL 善玉




*UA尿酸
7.9H
2.0-7.0


特に問題なし。
中性脂肪は毎回取らなくても良いとのことで、今回は無し。
年末年始の不摂生&昨日のすき焼き・・・取ってたら凄かったかも・・・( ̄▽ ̄;)
次回は取りますよ。



皮膚科外来へ初めて行きました。

右手のイボ


イボとは? 〜Wikipediaより引用〜
イボ(疣)とは、皮膚にできる、出来物、腫れ物のことをさす。

ニキビが一時的なものなのに対し、イボは切除しないといけない場合もある。イボが原因で皮膚癌になることもある。イボの原因としてウィルスが考えられる。

このイボはウィルスが原因のようです。
少量のウィルスなら症状が出ませんが、それが1,000個、10,000個、100,000個・・・と増えてい続けるとイボとして現れるとの事です。
たしかに、秋のお祭りの太鼓で爆ぜたところもイボに変化・・・
このまま放っておくとどんどん増殖する恐れが・・・( ̄▽ ̄;)

ちなみにその時の指は、

祭りの太鼓で爆ぜた中指

中指の第2関節がそうです。血が止まり、かさぶたになった頃から『もしかして』と思っていましたが、やはりイボになりました。傷口からウィルスが感染したんですね。人差し指も爆ぜたのですが、こちらは問題なさそうです。

爪の付け根は元々はササクレ。これもイボに変化。


小指の付け根

こちらが一番酷い右手の付け根。
下のが大元。元々は花火のやけどだったのですが、かさぶたからイボに変化。あれこれ10年以上前に発生しました。
上の大きいのは太鼓で2回ほど飛んで無くなったように見えたのですが、大きくなって帰ってきてしまいました。(≧Д≦)



液体窒素で焼く事になりました。

『今回治療しても表面のウィルスが死滅するだけなので、できれば毎週通院して下さい。あまり間隔をあけるとせっかく少なくなったウィルスが少しずつ増殖するので、効果が半減します。』

『スミマセン・・・チョットお休みが取れないんですけど・・・』

2週に1回外来通院しているので、そのタイミングでも構わないとの事で、次回からは皮膚科もセットで通院する事になりました。

イボは液体窒素で焼き落とすと聞いた事がありましたが、初体験です。
割箸に綿棒を付けたようなものに液体窒素を浸し患部に押し当てていきます。
痛くない事はないのですが、不思議な感じ。

治療中よりも終わった後がいつまでも変な痛み・・・
何も無くてもヒリヒリした感じで、
  カバンに手を入れる
  ポケットに手を入れる
  お箸を持つ
患部に当たるとちょっと痛いです。(≧Д≦)
まぁ、激痛ってわけではないので良しとしましょう。

右手人差し指 水ぶくれ?

右手人差し指に液体窒素を塗ったところが水ぶくれのように膨らんできました。


あとは、写真では分かりづらい小さなものもいくつかあります。
不思議な事に右手首より腕側にはほとんど無いんだよなぁ〜。


写真でお分かりのように白くなっているし目立ちます。
右利きなので、人前でサインする時等にチョット手を出すのにためらいを感じる事もあります。
早く綺麗になってもらいたいですね。

タグ:イボ


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 15:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | 通院
この記事へのコメント
液体窒素で焼くぅ〜〜〜(・。・;
すごい経験だ〜!
で、こんな感じのこと、しばらく続けるのかな?忙しいのに大変だね。
でも、ウィルスってこんな悪さもするって初めて知った!気をつけなきゃ!!
Posted by みーこです at 2007年01月10日 23:17
>みーこさん
イボを取るのには液体窒素で焼くのが一般的じゃないのかなぁ。まぁ、2週に1回の通院の時に一緒に入れてもらうし、採血から内科の受診の間に出来そうなので、暇をもてあそばなくて良さそうなのでOKです。

ちなみに我が家のチビちゃんも水イボ取るのに液体窒素を体験済みです。
小さい子じゃ泣き叫ぶはずだよぉ。(≧Д≦)
Posted by しばやん at 2007年01月10日 23:46
イボって、ウイルスだったんだ。知らなかった(>_<)
水イボも今は液体窒素で焼くのか。
娘っちの時はピンセットでつまんで取ってたような・・・
大泣きしてましたよ。
早く、治療が終わるといいね(^O^)/
Posted by なつまま at 2007年01月11日 08:28
>なつままさん
ウィルスなんですねぇ・・・って、私も初耳でした。インフルエンザウィルスのような自覚症状もなく、奥の方にまで潜んでいるので、気付いた時にはイボに・・・
表面だけえぐりとっても大きくなって復活・・・

もっと早くくれば良かった・・・
入院中にも治療できたじゃん・・・

娘っち、ピンセットでつまんで取るだけで、復活はしなかったんだ。
Posted by しばやん at 2007年01月11日 10:21
イボがウィルスとは、私も初めて知りました。液体窒素で焼くということも。塗り薬じゃ死滅しないんですか。
忙しいのに毎週通院はできないですものね。2週に一度でも、早く消えるといいですね。
Posted by fan at 2007年01月11日 13:19
>fanさん
どうやら塗り薬では表面だけで奥に潜んでいるやつらは死滅しないようですね。あまり間隔をあけず、集中的にやっつけるのがいいようです。
まぁ、定例通院時の治療なので、寛解維持を確認しながらこちらも治療していきます。
Posted by しばやん at 2007年01月11日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。