ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 第6クール〜 ;>入院135日目 今後の予定(放射線治療)

2006年02月07日

入院135日目 今後の予定(放射線治療)

※記事投稿日:2006年12月7日


入院135日目

1:30頃トイレに起きた後、ガムを噛んだ。
忘れててそのまま就寝。4:00前にトイレで起床。甘い臭いとベタベタ感。
シーツとジャージにガムがベッチョリ・・・ショック!
そのまま起きて喫煙へ。
4:15頃準夜さんが仕事を終えてあがっていく。いつもの自販機のところで、
「お疲れちゃ〜ん!」
5:00前に病室に戻り、iPodを聞きながらウトウト就寝。6:30頃まで。

その後、ヘルパーSさんにシーツ交換してもらった。

ガムの対がシーツを交換するSさん


その後結構長い事お話していた。目の話し、妹の結婚、看護士の人達のネタなどなど。
途中で同室の二人が帰ってきた。結婚ネタを話しているところで、耳をダンボにして途中から会話参加。
これが非常にムカつく!途中から入ってきて会話絵を掻っ攫っていくんじゃねぇ!
私ががこれだけ敬遠しているのにまだ分からないか?バカじゃねぇのか、おめぇ!
いい年こいて、いつもおんなじ様な事ばかり言って。しかも言っている内容がレベル低すぎ!
やっぱり、こいつ嫌いだ!


医学情報プラザでJRAを見ようとしたらSymantecでブロックされている。ギャンブルでフィルターかけているんだ。でも、Yahooスポーツの競馬は見れるぞ。
あいかわらず、結構良い線いっているなぁ。でも当たっていない・・・10番人気のヤナギムシとかもしっかり2着に着てるじゃん。買っていたのに頭がズレている。複勝1,000円付いているし・・・
ちょっとズレれば高額ヒットするな。頑張ろう。

久々にI君に遭遇。
医学情報プラザにいた。
内視鏡の後、調子を崩したようだ。前回会った直後から熱が上がり、検査で空気が入って腹膜炎になりかけたようだ。大変だ。
病室が遠いので、近くの方が良いという事でリカバリールームに入っていたようだ。これでまだしばらく絶飲食が続くようだ。本来なら、そろそろ5分粥あたりからという話しだったみたいだけど・・・また1からやり直しだね。大変だ。
3月に友人結婚式があるようだが、食事がどうこう言う次元でなくて出席自体が危ぶまれてきたね。私よりは退院が遅くなりそうだ。


主治医より放射線治療について説明
バーキットリンパ腫は症例数が少ない為、1998年に出来た白血病治療プロトコルに従い治療を行ってきた。8年前に確立された治療法である。抗がん剤による化学療法の後、脳に直接放射線を浴びさせる放射線療法が残っているが、これをどうするかで意見が分かれてしまっているとの事。

主治医の師匠でもある、姉妹病院血液内科の先生は放射線治療推奨派
再発の可能性があるのであれば、きちんと治療を行うべき。との考え。

別病院の研究肌の先生は放射線治療反対派
今まで発表されてきたさまざまな文献から、抗がん剤治療だけの再発率と放射線の副作用を考慮すると放射線治療はしない方がよい。

ちなみに、主治医は直接は言わなかったけど、放射線治療推奨派のはず。

放射線治療のメリット
・バーキットリンパ腫は神経、脳へ出ることも多い為、このガン細胞を死滅させる。(幸い自分は神経系には出ていなそう。ただ、あごの痺れは可能性有り。)

放射線治療のデメリット
・脳へ放射能を浴びせる為、脳に関する障害全般。
・軽度の頭痛、脳腫瘍、痴呆症他
(ただ、副作用が出る可能性は極めて低い(0%ではない))

セカンドオピニオンで話しを聞いてみるのもいいかもしれない。
自分としては、参考までに反対派先生の話しを聞き、放射線治療を行う方向でいいかな。と思う。

この話しを踏まえ、残り入院生活は約2週間かな?2月中には退院になりそう。放射線治療を行うにしても、姉妹病院に通院治療になる。週5〜6日で3週間〜1ヶ月通院になりそう。結構長いな。この病院の病棟立替をしていなければこっちで治療出来たのに。
でも、先が見えてきた。


外来に来ている元同室のMさんに遭遇。
元気そうだった。本来なら再入院らしいけど、抗がん剤治療をしてそんなに経っていない為、まだ治療が出来ないらしい。高齢の為か・・・
現在別病院に外来で通っているらしい。
今日はいつも会いたがっていたFさんとMさんが居るので病棟に行ってみたら?とお勧めした。
Mさん、だいぶ毛が生えてきたな。


眼科外来
前回と違い、いろいろな検査を行った。今の視力は2.0は無さそう。でも1.0はまだ有る。
結局同じ目薬を2本づつ出してもらった。右目の角膜の傷はだいぶ回復しているようだ。



栄養科のUさんと入れ替わった新しい人はSさんっていうらしい。Sさんが2人になってしまった。先日、元病棟でUさんと会ったことを知っていて、Uさんが嬉しかったと言っていたとの事。
患者さんと看護士さんは話す機会があっても、栄養科の人はそういう機会が少ないのかな。私は入院が長いし、栄養科さんにリクエストとかいろいろ言ってたし、よく話しをしたからなぁ。
元病棟滞在時にこの栄養科の人と話しをしているらしいけど、覚えていない・・・その頃は体調最悪の頃だったし・・・


友人からメールが来たので今月中に退院出来そうな旨を伝えた。
O君はは出張で山形米沢に行っているらしい。この時期の雪国は厳しいな。
でも、牛タンの煮込み、ビーフシチュー、豚シャブ、鮟鱇鍋など、いろいろ美味を堪能しているようで羨ましい。
私も退院したら美味しいものを一杯食べたい。
まずは、牡蠣鍋なんかを味ポンで食べたいな。


今日はPC持ち出しを止めて、病棟のすぐ外の談話室でロンドンハーツを鑑賞。
遅番明けのNさんと、準夜で休憩入のCさんが立ち止まってくれた。

Nさんはインパルスの板倉が好みのタイプらしい。本当はジャニーズ系が良いけど、現実的には板倉的な人が居ればジャストミート!
私的には板倉より堤下の方が好きだな。似たような体系で仲間意識があるのかも・・・
今まで私が撮影した写真を印刷して欲しいとのこと。退院間近なんで、またモデルお願いします。とお願いした。
モデルが良いと撮り甲斐があるもんね。

Cさんもロンドンハーツ好きみたい。だいたひかるの入籍にビックリしていた。ちょっと前に放送した亮くんのキスのVTR見て「気持ち悪いもの見ちゃったぁ。確かこの人結婚してたよね。」と言っていた。
話しをした事無かった人も、ちょっとした事がきっかけで話し出すようになるな。と昨日のSAさんに引き続きそう思った。この2人共、1年目、2年目でチーム違いなんで私の部屋の担当になる事が無いのが残念。


21:30頃栄養科の新Sさんが通った。
慣れないせいか、他の人達より帰りが遅くなっているようだ。こちらから話しかけているからかもしれないけど、割とフレンドリーに話しをしてくれる。残り僅かだけど、写真もお願いしてみよう。多分、機会が有ると思う。


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6クール〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。