ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 第6クール〜 ;>入院129日目 不安不的中

2006年02月01日

入院129日目 不安不的中

※記事投稿日:2006年11月5日(物凄く久々の投稿になってしまいました・・・)

入院129日目

本日の予定
 第6クール3日目
 ・エンドキサン
 ・ラステット
 ・デカドロン
 ・ナゼア
 ・ロイコボリン
 ・尿検査

5:00 就寝
8:00 起床

睡眠3時間ちょっと。仮眠も含めれば5時間くらい?目は重い。

今日の日勤はNさん、あんまり喋る気しないなぁ。来るタイミングで寝ていようか・・・


Aさんと久々に喋った。最近はリカバリールームが多くて、ここに入る人とは会話が出来ないことが多い。電子カルテ導入前は近くを通りかかると手を振ってくれる人も居たが、今はPCに視線が釘付けの人が殆ど。
Aさんはあまり担当には付かないけど、近くを通りかかった時によほど忙しくない限り声をかけてくれる。頻度は少ないけど、この『声掛け』が凄く嬉しいし、癒される。それが常々出来るAさんも素晴らしい看護士さんになっていくと思う。
第一印象は、担当にならなかったし冷たそうで話しづらそうな雰囲気があった。他の看護士さんから『良い娘だよ』とは聞いてたけど・・・話してみると本当に良い娘だった。1回話しをした後は、すれ違っても笑顔で挨拶をしてくれるし、話しかけてくれる。チームが違って、なかなか担当に付いてもらえないのが残念。


トイレに行った帰り、病室に入るときにSさんが飛んできて、
どう、お昼食べれそう?
と聞いてきた。それなりの返事を返しておいた。
その後、いろいろとSさんについて考えてみた。
前回の一件だけみると、Sさんは深夜のラウンドで2回連続患者が不在でも捜索に出ず、帰って来た時の声掛けが最悪の一言だった。その為、私の中で最悪の看護士のレッテルを貼ってしまった。確かにベテランの割りに足りない部分と言うか、テンパってしまっている事もある。だが、その辺ですれ違った時に声を掛けてくれるし、他には別段気になるような事は無いと思う。ただ、前回の一件が強烈過ぎた。
まぁ、しばらく受身の態勢で様子を見ることにしよう。今、自分が求めている事は、『もっとかまってもらいたい』と共に『ほんの僅かな声掛け』を望んでいるのだから。


ラステットを外しにTさんが来た。
iPodを聴きながら布団にもぐり、カウンセリングの学び方の本を読んでいたので来たことに気付かなかった。Tさんは私が聞こえていない事に気付かず、PCのスクリーンセーバーをみて
あ、Nさんだ。
とか言っていたようだ。完全に自分の世界に入っていて、来た事に気付かなかった事をお詫びした。
今日のTさんはいろいろとお話しをしてくれる。何となく軽くカミングアウト。気分の浮き沈みや、食欲不振が精神状態が原因だと思うとか、最近何度か失踪しているとか、寂しいとかなどなど・・・そんなに深いところまでは触れなかったけど、そんな状態ですと喋った。
今回はカウンセリングの学び方を読んでいたけど、意味も無くこの本で泣いた。自分の精神状態にリンクした本をチョイスする傾向にある。涙を流したいのかもしれない・・・これって、ドライアイにはいいのかも・・・みたいなことも言った。
しばらく前に前の病棟の談話室で借りてきた、
半熟ナース、病棟を行くが涙ボロボロで読んで良かったし、内容的にぜひ看護士さんたちにも読んでもらいたい。
と言ったら、
読んでみたい。
と言って借りていった。ちょっと嬉しかった。
これでTさんも応援団になってくれるかな?


ナースステーション前で看護士I君と。
『今、シャックリより眼痛が辛い。寝不足が一番悪いと思うよ。』
と自分で突っ込み。
そのうちT課長も来て、シャックリ&眼痛の話などをいろいろとお話。私がIさんに紹介したマジック・アイ・エクササイズにT課長もハマっているらしい。かなりの近視のようだ。今までの私のリサーチ結果では目の悪い人は立体視をするのが困難な傾向にある。T課長も初めて見ることが出来たらしく、物凄く感動したとの事。


最近は、他の看護士さんや病院スタッフさんとも視力快復話が多い。この病棟内でひそかな視力快復ブームが到来しているかも・・・


消灯前に談話室でお向かいのIさんと初めてまともに喋った。PCとネットワークネタだ。
しばらくすると消灯時間の、Iさんの血糖チェック&私のナゼアのためにUさんが来た。血糖の話し、糖尿病について、Iさんの職場の話、主治医の話など、長い事話していた。
Iさんは今週末辺りに退院と言われたらしいけど、会社側は、
再発されて再入院されても困るので2月末でも3月末でも直るまで入院していなさい。
と言いながらも、
君が入院していることであおりを受けている社員が居る、君の変わりはいくらでもいるんだよ。
と相反することを言ってきたらしい。所詮サラリーマンなんて雇われているわけで、どこの会社でも言葉にはしなくても代わりはいくらでも居ると考えているんだろうな。
初めて喋ったが、Iさんも結構喋る人だ。

そうこうしているうちに、遅番明けのプライマリーナースNさん立ち止まった。今度は看護士の勤務体系の話。


Oさんにも軽くカミングアウト。気分の浮き沈みがあり、睡眠パターンがバラバラだと伝えた。
今度ここで寝ているのを見かけたら、口の中に手を入れるよ♪
スミマセン、気をつけます。


Uさんと初めてまともに喋った。今までも軽く喋った事はあったけど、長時間喋ったのは初めてだった。電子カルテの運用方法での問題点の話しをし、その後カミングアウト。そういえば、最近カミングアウトしまくってる。
Uさんは2年目でリーダーにはまだなれないし、チームも違うので担当になることが無い。
今度見かけたら話しかけるね。
と約束してくれた。


今週は毎日同室の3人が食堂に集結。私は違うテーブルでPCに向かい、あとの二人はTV見ながら会話に花が咲いている。部屋ではもう二人が就寝中。
なんだか不思議な光景だ。


今日はどうなってしまうんだろう?
って不安だったけど、途中から結構いろんな人と話しをすることが出来た。
これだけお話しできれば、今日はお休みすることができるね。目も痛い事だし、そろそろお休みしよう。只今日付が変わったばかり。

ただ、明日も今日とほぼ同じパターンで、日勤Nさん、準夜Uさん、深夜不明。Nさん受け付けないモード入っちゃったし、どうなるかな?深夜はHさんだから、早く寝て朝お話しよう。それ次第で、嫌な日勤担当も何とかなるかな・・・


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6クール〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。