ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 腎 ;>腹腔鏡

2012年01月31日

腹腔鏡

1年くらい前でしょうか。
内科の経過観察のCTで肺と腎臓に僅かな影が。

同病院内の呼吸器科と泌尿器科を紹介され受診。両科の先生共に『これで判断しろってか・・・難しいな・・・』と、ほんとに僅かな影。

呼吸器科でCTを撮り、結果は白。

泌尿器科でMRIを撮り、水疱が肉化されてきてるらしい。
今のところは何とも言えないが、あってもいいものではないのでとった方がいいとのこと。

で、オペするなら姉妹病院の泌尿器科がいいと紹介され、こちらで腹腔鏡オペをすることになりました。

実はアキレス腱を切った数日後にこちらの泌尿器科を初診予定だったんですよね。なので整形外科もこちらにしてみました。
10月に予約して最短が2月の初旬。結構人気のある先生のようです。


手元に資料が無く、他人事にように聞いていた曖昧な記憶だけで書いてますw

確か、9mmのステージ0。
腹腔鏡でいける予定ですが、最悪の場合は全摘の場合もあり。
腎がんの可能性が高そうですが、摘出したものを生検に出し、退院するまでには病名確定できるもよう。
順調にいけば10日くらいの入院になりそうです。






ココもそうですが、しばらくブログ記事書いてないので、どうやって書いてたのか忘れちゃいました^^;
タグ: 腹腔鏡


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249427471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。