ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 通院 ;>病棟に顔を出すスパンを広げます

2006年09月01日

病棟に顔を出すスパンを広げます

もう2週間経ったんですね。
一昨日の水曜日が定例の通院日でした。

採血採尿の結果、特に問題無し。
今回、コレステロールの件は聞いていなかったのですが、測定したようです。
ひとつ高い値がありましたが、特に問題なし。

検査名称
結果値
参考値

白血球 5380
3000-9000

赤血球 577H
400-540
常に多めです
ヘマトクリット値 50.5H
38.9-50.2

血小板数
14.0L
14.5-35.0
常に少なめです
MCH 27.4L
29.0-36.0





T-CHO
166 130-220

TG
191H
40-150

HDL-CHO
46
40-100
※HDL 善玉

次回、次々回の2回に分けてCT検査をすることになりました。
現在の体調、検査結果を見ると特に何も問題は無いんじゃないかと安直に考えています。
変に不安に思うよりも、この方が良いですね。


採血の結果待ちの1時間ほど時間が空くので、入院していた病棟にほぼ毎回顔を出しています。
行く度に忙しそうだし、勤務が合わず全然逢えない看護士さんもいます。
 邪魔になるからあまり行かない方が良いのかな?
 忙しくても、全然話が出来ないと帰って寂しくなるし・・・
どうしよう?

そんな事をいつもおじゃましているみけさんのところのコメントで相談し、2週間では久しぶりというにはスパンが短いとのご指摘を受けました。


確かにそうだよな。
自分で気付いてはいたけど、認めていない部分がありました。


というわけで、今回はお邪魔するのを止めました。
これからは2回に1回もしくはもう少しスパンを広げて顔を出そうかと思います。

病棟に行かなかったんですが、、数名の方とは顔を合わせました。
患者さんの送りをしているところだったんで、笑顔で手を振る程度にしました。
クラークのHさんとはしばらく立ち止まって話しをしました。
「少し太った?」
ドッキッ!ばれたぁ!

今回話が出来たのはこのHさんだけです。

まぁ、こんな感じでもいいかな。
精神状態もかなり安定していると思います。



さて過去記事なんですが、最後の治療の第6クールに突入したところで滞っています。第6クール1日目だけ投稿しました。1ヶ月で1本しか投稿出来なかったですね。
ちょっとメインブログ側を頑張りすぎかな?
1本の記事を思い出しながら書くのが重い時期でもあるんですけど・・・

何となくこんな感じでといった構想はあるので、もう少し時間はかかりそうですが、ボチボチと投稿していきます。

本当は通院してきた日にこの記事を書きたかったんですが、日付的には一昨日の話ですね。
どうも最近、PCモニタを見ながらそのまま寝てしまうことが多いです。
布団に入ってゆっくりと休む事がほとんど無いような・・・

この闘病ブログ書き終えなきゃ!というプレッシャーを感じすぎない方が良いですね。
ボチボチと頑張ります。



にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 02:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | 通院
この記事へのコメント
今回も何にも無くて良かったね〜!!
病気&精神状態も安定してて(^_^)V
6クール目の闘病記、楽しみにしてます。
ぼちぼち、更新して下さいね。
それから、ちゃんとお布団の中で寝るように(`〇´)健康第一!!
Posted by なつまま at 2006年09月01日 07:37
>なつままさん
どうも、ありがと〜(^o^)/
とりあえずは何ともありません。まぁ、メインブログに書いている通りなんですけどね。
はやいところ記事を書き終えて、一旦この闘病ブログを落ち着かせたいんですけどね。
頑張りま〜す!
落ちる前に布団に入るようにします・・・(-_-)zzz

Posted by しばやん at 2006年09月01日 22:07
しばやんさん、始めまして。
アメブロの他の方の同じ病症の読者登録から飛んできました。心配有れど順調な回復で何よりです。私は、アメブロで飲食の是正による「健康体回復法」の概念の概略を記事にしておるものです。一寸読ませて頂きましたが気になるのは、1ヶ月で10kの体重増と検査値を丹念に書かれた血小板数です。前向き、再考との姿勢ですので私のテーマ:血液検査値の血小板数を是非ご覧下さい。この記事にあなたの他の数値の変動を解くカギが有ります。凡そしばやんの日常のお食事が反映されているようです。
Posted by ayaken at 2006年09月09日 18:36
>ayakenさん
ご訪問&コメントありがとうございます。m(__)m
病気云々より、精神面の話ばかりになってしまっているのに、このようなコメントを頂いて恐縮です。
体重は退院前の拒食状態から退院後の過食をかんがえれば納得できるものがあります。その後はほとんど変動がありません。
血小板には発病前(10年以上前)から平均値より少なかったので、こんなもんだと思っていした。
まぁ、食生活に関しては改善しなければいけないと思っております。
リンク先を拝見させていただきました。ちょくちょくお邪魔させていただきます。
Posted by しばやん at 2006年09月09日 21:04
やっとこちらに来れる時間が取れました(笑)
いつも我がサイトへのご訪問ありがとうございます。
体重増加のこと・・・わかる気がします。入院・治療中の患者さんが外泊許可が出て家に帰ったら「意外と食欲があることに気付いた」といって戻ってこられます。味気ない病院食よりやっぱり慣れた家庭の味が大事なんだなぁ〜と思いますね。
入院中にやせても日々、顔を見ているためそれほど気付かなかったりするのですが、久々にあってみるとその体重増・減にはけっこう敏感に反応できたりします(笑)
Posted by みけ at 2006年09月11日 10:01
>みけさん
やはり病院は特殊な環境です。元気なようにみえても(自分でそう思っていても)自宅にいる時とは何かが違います。
日々いっしょにいると体重の増減って分かりませんが、久々に会うと・・・
すぐにバレてしまいます・・・(^_^;)
Posted by しばやん at 2006年09月11日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。