ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 第5クール〜 ;>ぼやき・・・?(現在の心理状況)

2006年01月09日

ぼやき・・・?(現在の心理状況)

注意:支離滅裂な長文かも・・・

食堂で、いつも座るポジションと違い、通路側を見て座っているんで、病棟側から通る人と目が合う。
只今22:00を少々越えたところ。この時間にTVから音声(同室の患者さん)とPCから音楽(私)が大音量で流れているんで、不思議そうな顔をしてチラッとこちら側を見ていく。見て見ぬ振りの人から笑っていく人から・・・
看護士Yさんだけは笑顔で通って行った。多分今から休憩だろう。

基本的に食堂に居ても、普段良く喋る人でも担当にならないと立ち寄ってくれない。担当でも点滴をそんなに気にしない看護士さんは立ち寄らない。
バタバタしていて忙しそうなら分かるけど、そうでもない時でも立ち寄って声をかけてくれない。
今の心境は、少しでも手が空いているならわずかな時間でも立ち寄ってコミュニケーションを取って欲しい。
確かに、人と話をするのが嫌いな人も居るんで一概にそれが良いとは言い切れない部分も有る。ただ、入院という非日常な生活をしていると健康、元気そうに見える人も精神的に病んでいたり何か悩みを抱えていたりしている人が殆どだと思う。

今までの自分は、『人と一緒に居るより一人のほうが好き。』、『1日中誰と喋らなくても平気。』そんなタイプだった。それが3年前位から、つまり、IT系の仕事から肉体系の微妙に接客業に変わり、自分の眠っていた別の人格が開花した。人と喋ることによってプラスになる事が多いことに気付いた。
昔は人と接すること、喋ることが苦手で、対人恐怖症ではないかと悩んだことも有る。そう考えていると表情に出たり、近寄りがたい変なオーラが自然と出ていたのでは・・・それを感じた周りの人が自然と離れ、希望通り1人で居て、1日中誰とも喋らなくて済む。そうなっていたのだろうか・・・

その後、PTAの体育委員長をやったことや、地元の祭りに参加などなど、人と接して会話をする機会が増えた。最初のうちは口数も少なく、人の会話を聞いて相槌を打ち、それを楽しむだけであった。
地元だけにかなり年配の人を除き、昔から知っている人ばかりでもそんな状況である。口数が少なくても、時間が有る限り顔を出しているうちに自然といろいろな人と会話が増えていった。

そして、今回の入院。
「私ってこんなに喋る人だっけ?」
と自分で自分を疑うほどお喋り好きになってきた。
話をする相手が、病院の中で同じような病状の心や体の痛みを共有する患者さん及び家族の人、年中いろいろな難癖ある患者と会話をして慣れている看護士さんが殆どなんで日常生活よりも会話がし易かったという事も大きな要因ではないか。

喫煙所で年末位からちょくちょく一緒になった同年代くらいの3人の子持ちの奥様。
お父さんが癌で入院中のようで、あまり調子も良くないらしい。
2人姉妹だけど、この妹の方が何でも言えてお気に入りのようで、病院に来ない日があると体調が悪くなるそうだ。
親子で短気で入院前から医者、看護士にガツンガツン言っちゃってるようで・・・
この人とは、初めて喫煙所で会った時に話しかけられ、会うたびによく話をするようになった。寒い日のに短パンでジャージが目立った事、話しかけ易そうな感じの人に見えたなどと後で言われた。入院するまで話しかけ易そうなんて言われる事なんて無かった。こうやって言われると何だか嬉しい。今まで言われたことが無かったし・・・

一方病棟の患者さん方とのコミュニケーションは、ちょっとした性格の不一致や利害関係からか一時期前のように話をする人が殆ど居ない状態になっている。
自分の性格上、一度嫌ってしまうとなかなか元に戻すことが困難である。
現状の同室の人達とは、ここしばらく全くといっていいほど会話はしていない。事あるごとに一人で勝手にイライラしている。
看護士さんとの会話中の横槍、携帯電話、日常的に大量の面会者、病室内での大きな声での会話等が原因である。
些細なことで腹が立ってしまうこの心理状態も異常といえば異常だが・・・

今のところ、自分のことを自己分析出来ているみたいなんで、まだ大丈夫みたいだ・・・
でも、かなりやばい状態になっていると思う・・・
まだぶっ壊れるところまでは来ていないようだ。
しかし最近、物に当たるようになってきている自分がいるし、自分を痛めつけている自分がいる。
今のところ、他人への攻撃は抑制出来ているが、これがいつまで我慢できるか・・・

現在は、看護士さんや喫煙所で会う人との会話に救いを求めていると思う。
喫煙所で知り合う他病棟の人は、退院が早い方が多いので仲良くなった人も直ぐに居なくなってしまう。
今現在、話をする人が居ない。
したがって、今一番のカンフル剤は看護士さんとの会話だと思う。
結構、自分の心境の変化というか機嫌というか調子というか、何かおかしいと気付いてくれている人がいる。
看護助手のNさんは、割と早い段階で気付いてくれて、忙しい中仕事を止めて30分近く会話をしてくれたこともあった。
看護士Mさんも前回の準夜の時に、忙しいさなか長い時間を割いてくれた。
看護士Iさんも気にはしてくれているみたい。
看護士Yさんも長いことは話はしないけど、顔を合わすと前回担当だった時に不調だった部分の様子を伺ってきてくれる。
ちょっとした心理状態により、その部分に触れられたくない事もあるけど、基本的には心配して欲しい。相手にして欲しい。それが一番の願いである。

担当看護士になった時は凄い気にしてくれても、担当じゃない時にすれ違っても無視に近い状態の人が多い気がする。
この病棟が忙しすぎるのか・・・
その人の性格か・・・
正直寂しい・・・
だったら、担当のときだけそんなに心配するな!って正直思う。


ナースコールとは基本的に治療中の何かの変化や肉体的不調が生じた場合に押すことが多い。
私は体が元気に動くので、なるべく押さないようにしている。用事があれば廊下に出て看護士さんを探すなり、ナースステーションまで行くようにしている。
いつもと違う表情、機嫌などは、ある意味『見えないけどナースコールを押し続けている』状態に有ると思う。
それに気付いたら、コミュニケーションを取り、ケアして欲しいなぁ・・・
それが今の希望。

外出や面会で家族に会っても正直癒されない。
ちょっとした事で当たってしまい、余計にストレスが溜まることが多い。
病院内で正常な精神状態に戻すことにより、家族とも今まで通り出来るんだろうか。
誰か、俺のナースコールを感じた人、助けてくれー!

これは持論だが、
『医者は病気の治療をし、看護師は心のケアをする。』
白衣の天使と言われるのはこの辺からも来ているのではないか。
心が病んでいる時に、優しく話しかけられると、本当に心が和み救われる。


入院して看護士になろうと思った事もあったが、自分もこの年なんで、実際には無理であろう。万が一看護士になる事があった場合、心のケアが出来る看護士になりたい。
娘や息子が看護士になるような事があった場合、同様に心のケアが出来るよう、現在入院中の体験談や、人生の先輩、父親、患者の立場として、いろいろな話をしたい。


年末年始はこの病棟だけバタバタしていたようだ。
その後、電子カルテシステムの本番。
そりゃぁ、体が元気で自分で何でも出来る奴らは相手にされないわけだ。


長い文章になったけど、いったい何を言いたいのか・・・
まとまってないなぁ・・・
文章構成能力向上の必要あり。


早いもので、治療も3分の2が終了し、第5クールに突入。
残り、順調なら6週間。
正直、嬉しさより寂しさ、退院後社会復帰できるかなどの不安の方が大きいかな・・・


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5クール〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。