ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 第3クール〜 ;>入院68日目 柿のヘタ

2005年12月02日

入院68日目 柿のヘタ

入院68日目

本日の予定
 第3クール5日目
 ・エンドキサン
 ・アドリアシン
 ・デカドロン
 ・ナゼア
 ・骨髄腔注射(メソトレキセート、デカドロン)

私の場合、抗がん剤の副作用のしゃっくりには、漢方薬は効かないようだ。
最後の手段となるのか、柿のヘタが処方された。

先生の話によると、漢方薬よりも効くとの事。

早速飲んでみた。

なんか効いているような気がする。
しばらくの間、しゃっくりが出ない。
いい感じかも。
この柿のヘタはシテイと呼び、液体である。
そんなに不味いものでもない。お茶みたいなものだ。
冷蔵保管した方が良いとの事なんで、看護室で保管してもらっている。
しゃっくりが出てきたら看護士さんに出してもらう。

これでしゃっくりは大丈夫!

・・・と思っていたら、また出始めた・・・
でも、漢方薬よりは効き目がありそう。


漫画だけど3冊読んでみた。
最近はこの手の本がお気に入りかも・・・

あなたに、逢えてよかった!!―ホスピス病棟・愛と奇跡の処方箋 (1)
森津 純子
4883154998

あなたに、逢えてよかった!!―ホスピス病棟・愛と奇跡の処方箋 (2)
森津 純子
4883155064

あなたに、逢えてよかった!!―ホスピス病棟・愛と奇跡の処方箋 (3)
森津 純子
4883154947

良かった言葉
ここに来たおかげで成長できた。
人生に無駄なものって何も無い。

なぜか涙流しながら見ていました・・・
泣きたい気分なのかなぁ・・・


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第3クール〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。