ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 第2クール〜 ;>入院59日目 僕の彼女を紹介します

2005年11月23日

入院59日目 僕の彼女を紹介します

入院59日目

朝ごはんの食べ始めが少し遅れたら、食べている最中に何だか異臭が・・・


隣のおじいちゃんでした。
既に朝ごはんを食べ終え、用を足したようです。
大部屋だから仕方がないのですが、こちらはまだ食事中です。
申し訳ないですが、匂いが消えるまでしばらく非難しました。

看護師さんや介護の仕事をしている人達は、改めて凄いなぁ・・・と実感。
自分にはこういう仕事は無理そうだ。


プライマリーナースのNさんからDVDを借りたので見てみた。
見たのは、僕の彼女を紹介します。
僕の彼女を紹介します 通常版

どういうわけだか、途中から涙が止まらなかった。
特別悲しい、感動した、というわけじゃないけど、泣きづめだった。

自分では気づいていないが、涙を出して泣きたい心境なのか・・・

ちなみに、看護士Sさんはこの手のを見ると首筋が痒くなるそうです。
感じ方は人それぞれですね。


にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 第2クール〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

看護師
Excerpt: 看護師看護師(かんごし、英語|英Nurse)とは、専門学校や大学等の看護師養成校における基礎看護教育を受け、看護師国家試験に合格し、看護師免許をもって、医療、保健福祉の現場で、主に看護を行う医療従事者..
Weblog: 職業情報局
Tracked: 2006-06-02 10:28
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。