ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 健康 ;>眼精疲労+ドライアイに「ブルーベリーアイ」

2006年05月01日

眼精疲労+ドライアイに「ブルーベリーアイ」

入院中に眼精疲労+ドライアイになってしまいました。

原因は、いくつか考えられると思いますが、

@空調で乾燥した病院内に長期にわたり入院
A読書
Bパソコン
CTV
D栄養不足
E睡眠不足

A、B、Cは病院の暗い室内だったという部分が大きかったと思います。

今でこそ違う仕事をしていますが、10年以上IT系の仕事に従事しており、今以上に目を酷使していました。しかし、今回のような目の痛みに襲われたのは初めてです。

病院内という非日常の中での生活であった事に起因しているかもしれませんが、日常生活の中でも同様なことで目にダメージは与えているでしょう。

そんな中で、ある看護士さんに紹介してもらったのがわかさ生活の『ブルーベリーアイ』です。

昔からブルーベリーは目に優しいと言われています。

「騙されたと思って飲んでごらん。」と言われ、数錠頂きました。
見た目はグミのようですが、特に味も無く普通の錠剤のように水で飲み込みます。

で、効果の方は・・・
自分の場合はそんなに実感できませんでしたが、妻の祖母や近視予備軍の息子にも飲ませてみました。
息子の方の効果の程はまだ分かりませんが、祖母の方は、「飲み始めてから目がショボショボしなくなった。」と言っております。その後、わかさ生活の『ブルーベリーアイ』は愛飲し続けているようです。
息子の方にも飲ませています。目が悪くなると不便なことが多いですから・・・


1 粒 に ブ ル ー ベ リ ー 果 実 ★ 1 6 0 個 分 の パ ワ ー ! !

……………………………………………………………………………………………

疲れ目やかすみ目が気になる方(--) パソコンを長時間使用される方(^^)

全国90万家族愛用中のブルーベリーアイをお試しください!







にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。