ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん







Top 発病まで ;>えっ?入院!

2005年09月26日

えっ?入院!

あいかわらず、体調が悪い。
会社を休んで医者に行った方が良いと勧められているが、休むわけには行かない。
しばらく前に、体調不良で休んでいるし、唾石の除去手術の為にも休んでいる。
とりあえず出勤して、午後半休を貰うことにしよう。

体調不良ながら、なんとか仕事終了(半ば強引に)。
予定していたところまで出来なかったので、事情を説明して後はお任せした。
結局、午後半休ではなく早退扱いになった。
事情が事情なんで、文句も言えないか・・・

一旦自宅に帰り、予約の時間の少し前に近所の病院へ。
いつもの先生ではなく、元医大の別の先生だった。
そうそう休みを取れないので、今日出来ることは何でもやってほしいと伝えた。

前回の胃潰瘍で胃カメラを飲んでいる。
今回は尿検査、エコーなどをやる。
エコーの途中でいつもの先生が来る。
何か不審な点があるようだ。前回とは違う何かが。
二人の先生の話し方を聞いていると、結構大変な症状?と感じられた。
すぐに総合病院へ行くよう紹介状を渡された。おそらく入院のようだ。

妻の帰りを待ち、総合病院へ一緒に行ってもらう。
総合病院の消化器内科へ。
そういえば、この消化器内科へ来るのは胃潰瘍の時以来だなぁ・・・

ここで問診を受けた後、尿検査、血液検査、レントゲン、エコー実施。

診断結果は、『黄疸、肝機能障害 要診断』

このまま入院し、CT,MRI,ERCPなどいろいろ検査し、黄疸の原因をまず調べるようだ。
何日くらい入院するんだろう・・・

来週は祭典があるし、町民大会も控えている。
長期入院だけはご勘弁を・・・
主治医の先生にそれとなく聞いてみると、
『3週間位。場合によってはもっと延びる』
との返事。
・・・祭典及び町民大会は無理そうだ・・・

昨年、デジタル一眼レフカメラを購入したんで、今秋大活躍の予定だったけど、撮影は無理そうだ。

家族、祭典、町民大会、会社・・・
自分の体の心配より、他の事が気になる。
会社大丈夫かぁ。有給無くなって欠勤だなぁ。
首になるかなぁ・・・


というわけで、今日から入院生活が始まる。

入院するのは古い病棟だったが、一番奥の部屋で、窓際だった。
場所的には良いところに入れてよかった。



にほんブログ村 病気ブログへ 人気blogランキングへ 1日1回「ポチッポチッ」と・・・
元気になります






posted by しばやん at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発病まで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。