ご覧頂きありがとうございます。

2005年秋、バーキッドリンパ腫※を発病しました。
悪性リンパ腫の中でも数パーセントしか発病例が無いようです。
入院生活中はオフライン生活で、ネットでの情報収集が出来ない状態が続きました。そんな中で、Excelやテキストデータで病状を記録してきました。ネットに公開するほどのデータではないかもしれませんが、自分自身が症例数の少ないバーキットリンパ腫という病気をより深く理解する為に情報公開することにしました。

※Burkitt's lymphoma : 本当はバーキッリンパ腫ですね。検索エンジンでバーキッリンパ腫で飛んで来られる方がいるんでそのままにしておきます。

経緯
 2005年9月26日
  極度の胃の辺りの痛みと黄疸の為入院
  検査の結果、バーキットリンパ腫と診断
  約5ヶ月間の入院生活
 2006年2月21日
  寛解。無事退院
 2006年5月
  自宅療養を経て職場復帰

 2008年2月
  転職(6月より正規社員登用)

 2011年10月
  左アキレス腱断裂。

 2012年2月
  腎?(発熱のためオペ出来ず)
 2012年4月
  腎細胞がん 腹腔鏡手術により摘出
  事前の自覚症状無し(内科のCTにて腎臓に影見つかる)
  12日間入院


 2013年12月
  会社の健康診断にて胃要検査 胃カメラ実施
 2014年1月
  生検にてがん組織見つかる
 2014年2月
  胃がん 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術+リンパ節郭清
  10日間入院


このサイトはブログという形式を取っておりますが、入院中にオフラインPCに書き綴っていたものを少しずつですが、バーキットリンパ腫という病気を再考しながら過去の日付で公開していきます。

     2006年4月26日 管理人:しばやん





2015年01月01日

周期性四肢麻痺

覚書 周期性四肢麻痺
周期性四肢麻痺(しゅうきせいししまひ、英: Periodic Paralysis, PP)とは、突然発作として、両側性に全身の筋力が失われ、しばらくして再び正常に戻る可逆性疾患のこと。日本では甲状腺機能亢進症に伴う低カリウム性四肢麻痺が多い。神経疾患と思い込み、ドクターショッピングすることがある。甲状腺もしくは電解質異常であり、内分泌疾患である。
多くの場合は遺伝性疾患であり、低温、熱、炭水化物の多い食事、絶食、ストレス、何らかの運動などがトリガーであることが知られていて、筋力低下、麻痺を引き起こすが死亡するのは稀である。この疾患の原因は骨格筋細胞膜のイオンチャネルの機能不全であろうと考えられている。イオンが筋線維から漏れ出したり漏れ入ったりすることで、細胞の脱分極を引き起こし、体を動かすことができなくなる(チャネロパチー)。
posted by しばやん at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。